Rodhos Soft

備忘録を兼ねた技術的なメモです。Rofhos SoftではiOSアプリ開発を中心としてAndroid, Webサービス等の開発を承っております。まずはご相談下さい。

フォント指定

stackoverflow.com 指定できるフォントを調べるには for family in UIFont.familyNames.sorted() { let names = UIFont.fontNames(forFamilyName: family) print("Family: \(family) Font names: \(names)") } フォントの指定は Text("acccdefああ投稿").fon…

UITextViewをSwiftUIで用いる。

makeUIView, updateUIView, makeCoordinatorを実装する。Coordinatorはdelegateを処理する。 import UIKit import Combine // https://www.appcoda.com/swiftui-textview-uiviewrepresentable/ struct EditView: UIViewRepresentable { @Binding var text: S…

簡単な画面遷移

WebからJSON取得して表示するリスト画面と設定画面の遷移をするっでもを作ってみた。 設定画面でwebから取得するかローカルファイルから取得するか選べる。 まずモデルは public struct Article: Codable { let title:String let url:String } という簡単な…

簡単なViewModel

ごく簡単にViewModelを作ってみた。 まずモデルは struct Article: Codable { let title:String let url:String } func fetchArticles() -> AnyPublisher<[Article], Error> { let url = URL(string: "https://qiita.com/api/v2/items")! let request = URLR…

combineの簡単な例

PassthroughSubject と CurrentValueSubject を使ってみた。おおよそRxSwift的に使えると思った。 func test() -> Void { let pub = PassthroughSubject<Int, Error>() _ = pub .sink(receiveCompletion: { _ in }) { value in print("new val -> \(value)") } pub.send(</int,>…

ファイル読み込みで一行毎に検索

import sys # 該当言語 searchWord = "hoge" # ファイル読み込み text = open(sys.argv[1], "r") # 一行づつ読み出し for line in text: # 該当単語があるなら書き出し if searchWord in line: print(line) # 閉じる text.close()

Combine

細かいことは無視してひとまず動かしてみる例を勉強してみた。 JSONを読み込む用のモデル struct Article: Codable { let title:String let url:String } 読み込む func fetchArticles() -> AnyPublisher<[Article], Error> { let url = URL(string: "https:…

UIKitとの連携

チュートリアルより。 UIPageViewControllerをSwiftUIで使う。 まず、使いたいUIViewControllerをwrapするクラスを作る。 そのクラスはUIViewControllerRepresentableを実装する。 import Foundation import SwiftUI import UIKit struct PageViewController…

編集画面をつくる

チュートリアルより まずプロフィールのデータ構造は struct Profile { var username: String var prefersNotifications: Bool var seasonalPhoto: Season var goalDate: Date // デフォルト設定 static let `default` = Self(username: "g_kumar", prefersN…

画面遷移をつける

チュートリアルより ホーム画面から遷移するコードを書く。 struct CategoryHome: View { // リストをcategory名をキーに辞書化している。 var categories: [String :[Landmark]] { Dictionary ( grouping: landmarkData, by: { $0.category.rawValue } ) } …

アニメーションをつける

チュートリアルより アニメーションは.animationで簡単につけられる。 .animation(nil)でアニメーションを切ることができる。 withAnimationを使うと、ブロック内にアニメーションがつけられる。 遷移時の遷移方法ははtransisionで指定できる。 transisionは…

アイコンを作る

チュートリアルより。 背景に6角形を描き、その上に山のシンボルを角度をかえてぐるっと8個放射状に配置する。ZStackを使って重ねている。 放射状に配置するのはForEachで、サイズをハードコーディングを避けるにはGeometryReaderを用いている。 ポイント…

パスで描く

チュートリアルより Pathで使う描画データ struct HexagonParameters { struct Segment { let useWidth: (CGFloat, CGFloat, CGFloat) let xFactors: (CGFloat, CGFloat, CGFloat) let useHeight: (CGFloat, CGFloat, CGFloat) let yFactors: (CGFloat, CGFl…

ボタンのタップや表示のフィルター

チュートリアルより。 まず、セルにスターの表示非表示をつける。 struct LandmarkRow: View { var landmark: Landmark var body: some View { HStack { landmark.image .resizable() .frame(width: 50, height: 50) Text(landmark.name) Spacer() if landma…

リスト表示

チュートリアルより まず静的なJSONのデータ [ { "name": "Turtle Rock", "category": "Featured", "city": "Twentynine Palms", "state": "California", "id": 1001, "park": "Joshua Tree National Park", "coordinates": { "longitude": -116.166868, "la…

Viewの配置例

import SwiftUI struct ContentView: View { @State var tapped = false var tap: some Gesture { TapGesture(count: 1) .onEnded({ _ in self.tapped = !self.tapped; }) } var circle : some View { Circle() .fill(self.tapped ? Color.red : Color.black…

UIKitをUIViewRepresentableで使う

makeUIViewとupdateUIViewを実装すれば良い。プレビューも効く。 import SwiftUI import MapKit struct MapView: UIViewRepresentable { func makeUIView(context:Context) -> MKMapView { MKMapView(frame: .zero) } func updateUIView(_ uiView: MKMapView…

カスタムイメージ

カスタムビューを作ることは簡単にできる。これは丸く切り取ったもの struct CircleImage: View { var body: some View { Image("turtlerock") .clipShape(Circle()) .overlay(Circle().stroke(Color.white)).shadow(radius: 10) } }

Hello, World

まず、もっとも簡単な使い方をしてみた。 @State var tapped = false var tap: some Gesture { TapGesture(count: 1) .onEnded({ _ in self.tapped = !self.tapped; }) } var circle : some View { Circle() .fill(self.tapped ? Color.red : Color.black) .…

文字の置換

import re while True: inp = str(input("input=")) ans = re.sub("[0-9]","9",inp) print(ans)

...argsで関数にタプルを渡す。

例えばf(S,N,B)という関数があるとして、args=["a",3,false]というタプルを渡すには f(...args)とやれば良い。同様のことは配列においても可能。

LFS

git

medium.com qiita.com 大容量ファイルもGitで管理。 Git LFSの使い方 from hibiki443 www.slideshare.net gitで管理されるべきでないバイナリファイルなどをgit上で管理するための機能らしい。 gitはハッシュ値と保存先をリポジトリで管理している。バイナリ…

長押し系

ひとまず色々あるのでまとめて /* 画像のクリックなどのイベントを無視 */ img { pointer-events: none; user-select: none; -moz-user-select: none; -webkit-user-select: none; -ms-user-select: none; -webkit-user-drag: none; }

スクロール禁止にする

この記事に詳細は書いてある。 qiita.com touchmoveをaddEventListenerしてpreventDefaultする。その際にpassive:falseを指定する必要がある。 function handleTouchMove(event:TouchEvent){ console.debug("touchmove.noScroll prevent.."); event.preventD…

スキーム

スキームの設定で、ビルドにdebug, adhoc, releaseの何を使うか、アーカイブにdebug, adhoc, releaseの何を使うかを決められる。 スキームは複数作れるのでその設定も増やせる。

中身が空のフォルダになる

git

Sorcetreeでcloneしたところ、中身が入っていないフォルダができることがあった。 warning: templates not found が出ていた。以下をみると重たいかららしいが、今回は他のブランチをチェックアウトした。 sourcetreeでcloneした時に warning: templates not…

apatcheの使い方

macで初歩的な使い方を忘れていたのでメモしておく。 入っているか httpd -v 開始 sudo apachectl start sudo apachectl restart 動いているか ps aux | grep httpd 設定、ドキュメントルートなどは httpd.conf ファイルにある。

BASIC認証

久しぶりにやってはまった。 .htaccess をドキュメントルート以下で制限したいところにおくのだが、 そもそも、それが効くのはhttpd.confでAllowOverride Noneではだめで、Allとかにしておく必要があった。 あと、Basic認証は通ってしまえばあとは出てこない…

はまったこと

PWA

iOS13ではcrossorgin設定だけではだめで、BASIC認証もかかっているときはmanifest.jsonファイルを.htaccessで許可しておかないとだめなようだ。 <files manifest.json> Satisfy any order allow,deny allow from all </files>

読むべきもの

CORS設定 オリジン間リソース共有 (CORS) - HTTP | MDN