読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rodhos Soft

備忘録を兼ねた技術的なメモです。

プロトコルMisc

CustomStringConvertible description オブジェクトの文字表示 print
CustomDebugStringConvertible debugDescription オブジェクトの文字表示 debugPrint
LosslessStringConvertible 文字列からそのままオブジェクト構築できる
TextOutputStream  write(_ string: String)
TextOutputStreamable writeの拡張 write(to target: inout Target)
Hashable ハッシュ。ハッシュが違えば違う。ハッシュが同じでもおなじとは限らない。
Comparable 比較
Equatable 同じ
BitwiseOperations ビット計算できる
AnyObject 任意のオブジェクト
Error エラー
OptionSet ビットでつかっている。SetAlgebra, RawRepresentable。使うと便利かも?



AnyHashable構造体

任意のHashableなものなら受け入れる引数等を作りたいときにつかう。いわゆるtype-erased。

標準入力から一行受け取る。trueはその一行は標準入力から切り出すかを示す。

public func readLine(strippingNewline: Bool = default) -> String?

コマンドライン

public enum CommandLine {
    public static var argc: Int32 { get }
// argvの値
    public static var unsafeArgv: UnsafeMutablePointer<UnsafeMutablePointer<Int8>?> { get }
// swift用に変換される?のか?
    public static var arguments: [String]
}

Unmanaged構造体

自分でメモリ管理するもの

強参照のチェック

isKnownUniquelyReferenced
一個だけから強参照されているかを見る。weakに複数参照されていてもOK。
blog.stablekernel.com

広告を非表示にする