読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rodhos Soft

備忘録を兼ねた技術的なメモです。

幾つかのメモ

アダプター

アイテムからアイテム用のビューへの変換、動的に行われる。getView
convertViewはリサイクルされてきたビューのこと。

データバインディング

DataBindingUtil.inflateでbindingを取得して、そいつにデータをセット、
データはレイアウトのほうで受け取れるようにしておく。


gradleで

  dataBinding {
        enabled = true
    }

レイアウトは

<layout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
   <data>
       <variable name="hoge" type="com.example.Hoge"/>
   </data>
   <LinearLayout
        android:id="@+id/activity_main"
        android:orientation="vertical"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent">
        <TextView android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:text="@{hoge.text1}"/>
        <TextView android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:text="@{hoge.text2}"/>
    </LinearLayout>
</layout>

みたいにする。

レイアウトを使う。

LayoutInflater inflater = (LayoutInflater) getContext().getSystemService(Context.LAYOUT_INFLATER_SERVICE);

qiita.com

GSon

JSONからモデルへ一括変換、モデルはアノテーションで何を受け取るか指定する。

Serializable

    @SerializedName("hoge")
    public String hoge;

ビューのタグ

クラスを一時的にもっておける

レイアウトのinclude

レイアウトを入れ子に。しかし共通化か冗長性か。

ハンドラーにランナブルをなげる。

	Handler handler = new Handler(getMainLooper());
	handler.post(new Runnable() {

AsyncTaskは簡単バージョン

SimpleDateFormat

日時のフォーマット

CoordinatorLayout

iOSのAutoLayoutに近い

広告を非表示にする