読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rodhos Soft

備忘録を兼ねた技術的なメモです。

簡単な操作

sqlite

こちらを参考にしながら簡単に
[http://www.dbonline.jp/sqlite/database/index1.html:embed]
[http://www.dbonline.jp/sqlite/database/index1.html:title]


データベースを開く(なかったら作成)

sqlite3 testDataBase.db

終了するときは.exit
ヘルプをみるのは.help

テーブル作る

sqlite> create table person(id, name);
sqlite> .tables
person

以下で見やすいように行表示にしておく

sqlite> .mode line


実際に作られたSQL文を確認する。

sqlite> select * from sqlite_master;
    type = table
    name = person
tbl_name = person
rootpage = 2
     sql = CREATE TABLE person(id, name)
sqlite> 

スキーマのとこだけ

sqlite> .schema
CREATE TABLE person(id, name);

データを一個入れる

sqlite> INSERT INTO person values(1,'yey')

確認

sqlite> select * from person
   id = 1
 name = yey

データを一個不完全に入れる

sqlite> INSERT INTO person(id) values(5);
sqlite> select * from person;
   id = 1
 name = yey

   id = 5
 name = 

欠けている部分にデフォルト値を入れるようにするには以下のようにデフォルトの値をスキーマ定義時に入れておく必要がある(デフォルト制約、制約は他にも色いろある)。

sqlite> create table personX(id, name default 'man');
sqlite> .tables
person   personX
sqlite> .schema personX
CREATE TABLE personX(id, name default 'man');
sqlite> select * from sqlite_master;
    type = table
    name = person
tbl_name = person
rootpage = 2
     sql = CREATE TABLE person(id, name)

    type = table
    name = personX
tbl_name = personX
rootpage = 3
     sql = CREATE TABLE personX(id, name default 'man')
sqlite> INSERT INTO personX(id) VALUES(23);
sqlite> select * from personX;
   id = 23
 name = man
sqlite> 


広告を非表示にする