読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rodhos Soft

備忘録を兼ねた技術的なメモです。

DependencyObject

依存関係プロパティが使えるようになる。

通常のプロパティをCLRプロパティと呼んだりする。
値の変化で呼ばれるメソッドを登録できる。

    class ClassDepTest : DependencyObject


String型の名前hogeという依存プロパティをつくり、これが変更されたらHogePropertyChanged関数を呼ぶようにしてみる。hogeの初期値は"aaaa"にした。

        public static readonly DependencyProperty hogeProperty = DependencyProperty.Register("hoge",//プロパティ名
            typeof(String),//プロパティ型
            typeof(ClassDepTest),//所有者型
            new PropertyMetadata("aaaaa", HogePropertyChanged));

このように、デフォルト値や、プロパティが変わった時のコールバックを設定できる。
コールバック関数は適当に書いておく。

        private static void HogePropertyChanged(DependencyObject d, DependencyPropertyChangedEventArgs e)
        {
            System.Diagnostics.Debug.WriteLine("プロパティ"+d+"@@"+e);
            String v = d.GetValue(hogeProperty) as String;
            System.Diagnostics.Debug.WriteLine("値 == "+v);

         //   throw new NotImplementedException();
        }

ラッパーを作っておくと.hogeでアクセスできる。

        // hoge変数は結局、依存プロパティhogePropertyの値をセット、ゲットするだけ。
        public String hoge
        {
            get { return (String)this.GetValue(hogeProperty); }
            set { this.SetValue(hogeProperty, value); }
        }


これでhogeの値を変えようとすると中でコールバック関数が呼ばれる。

            var cTest = new ClassDepTest();

            var pre = cTest.hoge;

            cTest.hoge = "Hi!";

            var post = cTest.hoge;

            System.Diagnostics.Debug.WriteLine("pre "+pre+"post " + post);

出力結果

値 == Hi!
pre aaaaapost Hi!
広告を非表示にする