Rodhos Soft

備忘録を兼ねた技術的なメモです。Rofhos SoftではiOSアプリ開発を中心としてAndroid, Webサービス等の開発を承っております。まずはご相談下さい。

チュートリアル的な記述7

cpp

typeerase的なものを作ってみたがポインタ周りが怪しいので修正中 #include "TypeErase.hpp" #include <iostream> #include <map> class AnyBase; using AnyBase_sp = std::shared_ptr<AnyBase>; class AnyBase { public: AnyBase() = default; virtual ~AnyBase() = default; templa</anybase></map></iostream>…

チュートリアル的な記述6

cpp

継承やテンプレートなどを色々使ってみた。 #include <iostream> void hello() { std::cout << "hello/bye" << std::endl; std::string s; while (true) { std::cin >> s; if (s == "hello") { std::cout << "hello!" << std::endl; } else if (s == "bye") { std::cou</iostream>…

チュートリアル的な記述5

cpp

クラス、構造体 // class デフォルトのアクセス指定子がprivate // struct デフォルトのアクセウ指定子がpublic struct Animal; struct Man2; struct Animal { int age = 10; virtual void attack(); }; struct Man2 : Animal { typedef std:: shared_ptr<std::string> st</std::string>…

チュートリアル的な記述4

cpp

ファイル操作 #include <iostream> #include <fstream> void fileSample() { // file std::ofstream ofs("test.txt"); if (!ofs) { std::cerr << "[error]open file" << std::endl; std::exit(1); } ofs << "Hello, World\n123" << std::endl; // auto close std::ifstream ifs(</fstream></iostream>…

チュートリアル的な記述3

cpp

変数 #include <sstream> #include <iomanip> #include <fstream> void basicVariable() { const int c = 10; // ref int r = 0; int& r2 = r; r2 = 100; std::cout << r << std::endl; // 100 // 構造体 Point p; p.x = 10; p.y = 10; std::cout << p.d2() <</fstream></iomanip></sstream>

チュートリアル的な記述2

cpp

参照 // class class CPYCost { public: CPYCost(); ~CPYCost(); /// オブジェクトのコピー用の代入演算子 CPYCost& operator=(const CPYCost& rhs); int x; private: }; void refAdd(int &x); void pAdd(int *x); void refUse() { // 参照 int x = 1; int& …

チュートリアル的な記述

cpp

関数 int twice(int x); int twice(int x) { return x * 2; } auto nfunc2(int x) -> decltype(x) { return x * 100; } namespace FunctionauUse { int add(int x); void echo(int x); } /// 関数を変数に格納する。 void functionalUse() { std::function<void(int)> f</void(int)>…

window.location.hrefがきかない

iOS

バグがある。 How to fix window.location issue in iOS9 UIWebview - Stack OverflowsetTimeOutで次のイベントループまでまって実行してやる必要がある。

WKWebViewのデバッグ

iOS

iosのsafariの設定の詳細のwebインスペクタをON macのsafariの開発者モードでデバッグ

開発用サーバ

WebPackの開発用サーバを使う。 webpack-dev-serverをnpmでインストール。 webpack.config.jsに devServer: { contentBase: path.resolve(__dirname, 'app'), port: 3000 } を等と設定、また、outputのpublicPathも追加してcontentBaseに合わせておく(そうし…

履歴をしらべてコピーする。

履歴を調べて古かったらコピーするというスクリプトを書いてみた。 makefileの代わりに import sys import os import shutil import re # pathlistで指定したフォルダのファイルに対応するファイルがbasepath以下にある場合、basepathの方が古くなっていたら…

plugin

webpack plugin webpack pluginは apply(compiler) {} を持つクラスとして定義して、 webpack.config.jsにおいて plugins: [ new HelloPlugin() ] のように入れてやれば良い。 const pluginName = 'HelloPlugin'; class HelloPlugin { apply(compiler) { com…

localhostの場所の確認

web

サーバ確認 httpdはhttpデーモン このhttpデーモンがapacheか確認する。 httpd -v これがapacheと出たら つまりapacheのコマンド apachectl と同じということ。 コンフィグファイル(/httpd.conf)の場所を調べる。 httpd -V conf内の DocumentRootの場所を調…

初歩

javaプラグインの使用 build.gradle apply plugin: 'java' プロジェクトとタスク プロジェクトは複数のタスクから構成される。 タスク 分割不可能な作業単位 build.gradle task hello << { println 'Hello world!' } 実行は gradle -q hello -qはログの抑制 …

出力先

pathを絶対パスに変換してoutputで指定してやれば良い。 const path = require('path'); module.exports = { // or production mode: 'development', entry: { menu:'./src/main.ts'}, output: { path: path.resolve(__dirname, 'app/dist') },

こまごま

ファイル移動 vm *.js ./tmp

スクロールを一時禁止

このような感じで onKeypadOpen:() => { $(document).on("touchmove.noScroll", function(e:JQuery.Event) { e.preventDefault(); }) }, onKeypadClose:() => { $(document).off("touchmove.noScroll"); },

カスタムデータ属性

data-hogeで cssから参照は[data-hoge="fuga"]

文法の幾つか

1. interfaceを使ってメソッド拡張まがいなことができる。 2. objectの定義に{key?:string, key2?:number}等と?をつけると省略化になる。 3. thisの用法が違う。

JQueryプラグインを使う

Jquery plugin プラグインの例 jquery.hoge.js (function ($) { $.fn.hoge = function () { return $("p").click(function () { console.log("test!"); $(this).text("hello!"); }); }; })(jQuery); これをjqueryとともにhtml側で読み込んでおく。 タイプス…

情報サイト

どれくらいつかえるか Can I use... Support tables for HTML5, CSS3, etc

jquery等を使う。

Webアプリ環境 npm パッケージマネージャ TypeScript 型付きのjavascrpt WebPack TypeScriptやHTMLのパーツ化のために使用 Babel (今回使わなかった。) JSのバージョン吸収 npm プロジェクトでパッケージ管理をスタートしたい場合 npm init ではじめられる。…

サンプル

Vue

Vue.jsのサンプルを打ち込んでみた。 簡単につかえるようだ。 <div> <div id="app-2"> <span v-bind:title="message"> Hover your mouse over me for a few seconds to see my dynamically bound title! </span> </div> <div id="app-3"> <span v-if="seen">Now you see me</span> </div> <div id="app-4"> <ol> <li v-for="todo in todos"> {{ todo.…</li></ol></div></div>

html埋め込み

webpackのhtml-loaderを使ってhtmlをjavascriptで読み込んだ使う。 html-loaderのインストール。 npm install html-loader webpack.config.jsを設定 module.exports = { entry: './app.js', output: { path: __dirname + "/dist", filename: "bundle.js"; },…

参照フォルダ

iOS

参照フォルダとして追加したいものをプロジェクトにドラッグして参照フォルダして登録、 Bundleをみるとフォルダごとアプルに入ることがわかる。よってパスはBundle.main.bundlePathを起点に相対パスを追加していけば良い。

感想

1. InputEventは型定義を読み込んだ。 npm install @types/dom-inputevent 2. 定義されてないものはinputEvent["inputType"]で取れた。 3. 定義していないプロパティも input["oldValue"] = input.value;で代入できた。 4. childNodesはArray.prototype.forE…

typescript環境

TypeScript https://ics.media/entry/16329 インストール typescript また、webpackで使用するために ts-loader もインストール 設定ファイル ルートにtsconfig.json { "compilerOptions": { "sourceMap": true, "target": "es5", "module": "es2015" // 出…

webpackの使い方

WebPack https://webpack.js.org/ 読み込んで使う。エントリーポイント //spc/index.js import bar from './bar'; bar(); 読み込まれる側 //src/bar.js export default function bar() { // } これを設定するにはwebpack.config.jsを作る。 const path = req…

基本

npm パッケージ管理スタート npm init これでpackage.jsonが作成される。 ローカルインストールは /node_modules 内にインストールされる。 -gをつけるとグローバルインストール。 アンインストールは uninstall パッケージのアップデートは update パッケー…

validationらしきもの

とっかかりをつくってみた。 const toStr = (t) => { if (t == null) { return "null"; } else { return t.toString(); } } /** * * @param {Node} node * @returns {string} */ function nodeDesc(node) { const list = [node.nodeName, node.nodeType, nod…