Rodhos Soft

備忘録を兼ねた技術的なメモです。Rofhos SoftではiOSアプリ開発を中心としてAndroid, Webサービス等の開発を承っております。まずはご相談下さい。

RxSwift

BehaviorSubject

BehaviorSubjectは最後の値を覚えていてsubscribeで即座に値が返ってくる。最初の値はこちらで指定できる。 class Temperature { private let behaviorSubject = BehaviorSubject(value:0) var behavior : BehaviorSubject<Int> { return behaviorSubject } func </int>…

Observable

次のようなクラスを定義する。 class Temperature { private let eventSubject = PublishSubject<Int>() var event: Observable<Int> { return eventSubject } func doSomething(x:Int) { eventSubject.onNext(x) } } テキストフィールドの編集が終わったタイミングで</int></int>…

RXSwift

RxSwiftを試してみた。CocoaPodでインストールした上で以下をインポート import RxSwift import RxCocoa 使い方は textFiled!.rx.text .map { guard let text = $0, text.lengthOfBytes(using:.utf16) > 0 else { return "" } return "\(text)!" } .bindTo(l…